乳幼児のための脳トレレッスン

こんにちは、つくば市、土浦市、酒田市、川崎市、東京都多摩地域、を中心に親子や女性、子どもたちの心と体を元気にしながら安心して過ごせる居場所作りを心がけている親子ヨガインストラクターのえり先生と申します。

現在ベビトレヨガ、子ども姿勢ヨガ、産後トレーニングヨガ、乳幼児脳トレのレッスンを公民館や支援センター、保育園等で行わせて頂いております。

このページにご訪問いただきありがとうございます!!

いきなりですがお子さんに脳のトレーニングをしたことってありますか?

実は0から3歳までに脳は80パーセントが完成し6歳ごろまでに多くの脳が完成していくと言われています。

3歳までに脳のトレーニングを遊びを通して行っていくことで脳が使われシナプスの繋がりは強くなり脳の成長をサポートしてくれます。

さまざまな異なる刺激を取り入れることで脳の使われる部分も変わり、脳全体のアプローチに繋がっていきます。

これにより自然にできることがふえ、子どもの生涯にわたる人格形成や学習取得の基礎を作る土台作りができます。

そのため日常生活の中でなかなか行わない刺激をたくさん経験させてあげることがとても大事になってくる時期なんです。

皆さんの中にもお子さんにいろいろな習い事をさせてあげて将来の可能性を広げてあげたいと感じていらっしゃる方も多いと思います。

幼児期というのは人生の中でも土台作りとなるかけがえのない時期と言われています。

この時期は技術の取得よりもまずは、遊びを通してたくさんの刺激を受けて脳を成長させしっかりとした心と体の土台作りをしてあげることが必要です。

土台がしっかりしているからこそ技術取得もスムーズになっていきますし、結果としてさまざまなことができるようになるのです。

簡単な例をあげると

りんごの木のみきの部分が脳トレ遊びやベビトレヨガというレッスンで心と体の成長や可動域トレーニングも行っているんですがその土台となる部分のことを言い

サッカー選手になりたい、バレーボール選手、野球選手になりたいなどの技術取得や本人のなりたいと感じているものはりんごの実の部分になります。

美味しいりんごを育てるにはしっかりとした幹が必要ですよね。

その幹となる部分を育てるためにも脳トレ遊びはとても重要になってきます

じゃあ実際脳トレレッスンを行うと言ってもどんなことをしたり

どんな風なことに気をつけていけばいいのかなと思いますよね?

それは親子で楽しむということです。そして正解を大人が作るのではなく子どもたち自身に経験表現させてあげるということです。

どういうことかと言いますと。

私自身が実は前職は女性専用体操教室の店長をしており、そんな私こそ運動が苦手なタイプで環境や場所がないとなかなか続けていける自信がないタイプでした。

だからこそ、私は運動が苦手な方こそインストラクターが必要だと感じていましたし楽しくなければ続けられないなと感じていました。

通われていたメンバー様も同じように感じられており、一人一人のなりたい姿や楽しい気持ちを引き出せるようにサポートをしてきました。

これは結果なのですが、おかげさまで2000店舗以上のお店の中で東京で1位全国でも2番目にメンバーさんがやめないお店としてランキング受賞をすることもできました。

何が言いたいのかというと、無理やりやらせるのではなくて、

やりたい!できる!を引き出してあげたり育ててあげることがとても大事ということです。

そのためには親子で楽しむことや子どもを見守ってあげる事がとても大事なんです。

こどもがやりたいと好奇心を持って取り組んみてできたという達成感を味わう。

挑戦をたくさんしているお子さんにママがいっぱい褒めてあげるその経験が子どもの自信に繋がりどんどんさらにチャレンジができるようになり、

結果として色々なことができるようになっていくという流れが本来の技術取得までの理想的な流れなのではないかと考えます。

また、お子さんの成長のなかでこれができるできないにフォーカスすることってとても多いと思います。

いついつまでにこれができていないとうちの子は遅れているなあとか不安になったりしますよね?

私は本当にアプリ魔で笑特に産後すぐの時はあらゆるアプリをチェックして子どもの発達状態はこれで大丈夫なのかななどと心配しては一喜一憂していました。

もちろん月齢でこのぐらいのことができる子が多いという目安はありますが、年齢や月齢だけではなく経験したことがある、経験したことがないといった要素もあったりすることが多いです。

そのスキルを行うことができるくらいの発達をしていてもその動きの仕方や必要性を知らなければできないですよね?

だからこそ、色々な経験をさせてあげるということがとても大切になるのです。

私は脳トレもですが、ベビトレヨガという親子でできるベビーヨガのレッスンも行っています。体を動かす経験が全て脳への刺激となって伝わっていきます。

ママと一緒に体の使い方や感覚を経験したり、ベビトレヨガではママの産後の心と体のケアもできちゃうのでママにも嬉しいんですよね!

おうちでママと一緒に二人で脳トレや体遊びをするのももちろん素晴らしいですが

そしてお子さんはお子さんのことをよーく見ているのでいろんなお子さんと一緒に何かをするということでたくさんの刺激や学びがあります。

いろんなママさん達と成長を喜びあえたりと本当に幸せが溢れる空間の雰囲気があるというのは集団のレッスンのよさもあるのでどちらもできたらとっても素敵ですよね。

今後子どもたちには子どもたちの社会ができてくるのでそんな中でも社交性も身につくのではないかと感じています。

ママもお子さんも楽しく遊んでいるようでしっかり学んでいたり体にいいことをしているっていう状態ができる環境をママが楽しんで作ってあげることができるように私もサポートできることがあったら相談にのっていますのでいつでもお声がけくださいね!

えり先生のInstagramはこちら

※上記の文字をクリックもしくは下記の画像を読み込むことでえり先生のInstagramへGO!

※TOPの画素は東京コトカフェでのレッスンの写真